2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
総合案内
携帯遊戯機研究所にようこそ!

当館の主だった部屋へは右の館内案内を通りお進みください。
初めての方は先ず談話室の掲示板をご覧下さい。

当研究所に興味を持たれてリピータになりましたら、
お馴染みさんに登録される事をお薦めします。

別館の「H&Sの実験棟」へも是非お立ち寄り下さい。
それではゆっくりとご覧下さい。
No.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[No. ] --/--/--(--) スポンサー広告
No. 450

新春特別企画でDS工房のスペシャル版

別館のH&Sの実験棟の方でバッチ用のメニューを作りました。
HTAで動的に生成したメニューが実用的かを実験したかったのですが、
流石に昨今のマシンの処理速度は速いので意外にも実用的な物ができました。
そこでMioさんのMioMenuを代替可能にしてみました。

MioMenuは仕様を提示してMioさんに作って頂いた生粋の支援ソフトです。
支援ソフトの幾つかには私が作成したオリジナルが存在するのですが、
MioMenuを含め幾つかの支援ソフトにはオリジナルが有りません。
今回、順番が逆になりましたが当研究所版のメニューを作ってみました。

レポート用

写真は今回HTAで作成したDS工房用のメニューです。
MioMenuはC#で開発されているので性能面では比べるまでも有りません。
今回のメニューの利点はHTA製なのでカスタマイズが容易だという事です。
DS工房5は企画段階でマウスとキーボード両方の操作を視野に入れていました。
…なのでDS工房5はメニュー・データの作成時にショートカットも含めています。
尚、ショートカットに併用するのは[Alt]キーです。

しかし、MioMenuではアルファベットのショートカットが自動的に振られます。
どのような経緯でそのようになったのかは記憶が定かではありません。
今回作成したメニューではメニュー・データを忠実に反映します。

レポート用

これに合わせてレトロ・メニューにもショートカットを付けました。
また時折、レトロ・メニューが終了後にメモリに残る不具合を解決しました。
この現象は以前から確認されていたのですが原因が分からず、
対処療法で凌いでいました。

HTAファイルは実際にはmshta.exeで動いているのですが、
どうやらmshta.exeが起動できるのは一つのHTAファイルのようです。
…なので前のHTAファイルが終了する前に次のHTAファイルを起動すると、
処理できずにエラーになってしまうようです。
今回からタスクを強制的にKillするように変更してこの問題は解決しました。

これによりHTAファイルの安定性が向上したのでアップデートをお薦めします。
今回はインストーラ形式とアップデータ形式の両方を用意しました。
インストーラで新規に導入した場合にはそのまま使用可能ですが、
アップデートした場合にはメニューのオプションを選択して、
Menu EngineをMioMenuからDSMenu.htaに変更して一度終了します。
再度起動した時にはメニューが変更されています。
スポンサーサイト
[No. 450] 2017/01/12(木) NDS-DS工房 track back(0) comment(6)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑