2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[No. ] --/--/--(--) スポンサー広告
No. 433

DSTWOでマルチ・ブートを遣ってみた

DSTWOの置換え型メニューとしてBAGplugやiMenuをレポートしました。
また、これ等をDSTWOのプラグインとして使用する方法も紹介しました。
更に前回はDSCoveredをDSTWOの代替カーネルに改造してみました。
材料が出揃ったところで今回はマルチ・ブートを遣ってみました。

今回、マルチ・ブートに使用したのは公式カーネルとBAGplug、
iMenuおよびYSMenuの4種類になります。
これまでにも多くのカードでマルチ・ブートを遣って来ましたが、
今回はDSTWO Boot Managerを使ってDSTWOらしい方法で実現させてみました。

レポート用

普通にDSの電源を入れると公式カーネルが起動します。
起動時にLとRキーを同時に押していると写真のようなメニュー画面になります。
カーソルで選択してAボタンで使用するカーネルを決定します。

公式カーネルとBAGplugおよびiMenuのソフト・リセットは公式に準じます。
これ等でソフト・リセットした場合はプラグイン選択画面ではなく、
ゲーム選択画面に戻ります。
ここでBボタンを押すとプラグイン選択画面に戻りますが、
その時にLとRキーを同時に押しているとカーネル選択画面になります。

YSMenuからソフト・リセットした場合はゲーム選択画面ではなく、
プラグイン選択画面に戻ります。
公式カーネルはそのまま使用可能ですが、
L+Rキーの同時押しではカーネル選択メニューは出ません。
Aボタンで一度ゲーム選択画面に移動してから、
Bボタンでプラグイン選択画面に戻る時にカーネル選択メニューが有効になります。

YSMenuはBAGplugやiMenuのようにDSTWO用に開発されたものではないので、
多少回りくどい操作になるのは致し方ありません。
何よりソフト・リセットで公式カーネルに戻る事自体が容易ではありません。
尚、今回は諸事情によりセットアップ済の現物になります。
スポンサーサイト
[No. 433] 2016/02/05(金) NDS-マルチ・ブート comment(0)
No. 418

iTouch DSとR4iRTSカーネルを追加

前回はKauraを日本版カードに対応させると共に日本語化しましたので、
今回はiTouch DSカーネルとR4iRTSカーネルを追加してみます。
手法としてはNo.142~No.146やそれ以前にも行っている事と同じですが、
対応可能なバージョンは調査をしてみない事には分かりません。

そこで実際に検証してみたところNo.142~No.146の検証時の最新カーネルが、
対応可能な最終バージョンでしたので対策されたのかも知れません。
然もiTouch DSの方はカーネル自体は起動すれどもROMの起動でフリーズします。
そう言えばNo.142~No.146の時もiTouch DSはROM起動できなかったような…。
ローダへのパッチが上手く当たっていないのかも知れません。

尚、既にKauraの中段ボタンにはSAKURAとREALカーネルが登録されているので、
今回のiTouch DSカーネルとR4iRTSカーネルは上段と下段のボタンに登録します。
上段と下段は中断とは登録方法が異なりndsファイルでの登録になります。

今回の作業でM3の一通りのカーネルが揃うので日本語カード以外は完成です。
旧欧米版カードと旧アジア版カードや多言語版カードをお持ちの方は、
前回の成果に今回の成果ファイルを追加してKauraのメニューに登録すれば、
究極のM3マルチ・ブート環境が構築できます。

今回の成果を成果保管室に置きました。
次回からのレポートは日本版カードに特化した内容になりますので、
日本版カード用の作業が完了するまでこの豪華な環境をお楽しみください。
この企画の最後にはセットアップと使い方等を予定しています。
[No. 418] 2015/08/23(日) NDS-マルチ・ブート comment(1)
No. 354

リメイク企画 第4弾

今回で4回目となるリメイク企画はレポート333の再現です。
私自身のお気に入りをDS工房のアドインとして再現しようと始めた企画ですが、
DS工房4の時にスタートさせたので最新のDS工房5では使えなくなりました。
既にレポート333がレポート230のリメイクですので、
今回はリメイクのリメイクというややこしい事になります。

このアドインに関連した情報はレポート230およびレポート333をお読みください。
また、このアドインはYSMenuとMoonShell2およびWoodを使用しますので、
YSMenuとMoonShell2およびWoodの各ユニットが追加済みである事が条件です。
更にYSMenuユニットにはDSTWO用のユニットも必要になります。
これ等に関してはレポート346およびレポート348をご覧ください。

レポート 354用

今回のアドインのダウンロードは こちら から行えます。
解凍後の_R354フォルダとReport354.batはMyMenuフォルダにコピーします。
_R354フォルダ内のWood_R4フォルダにはWood_R4のv1.35をコピーします。
DS2SKINフォルダにはWood_R4のv1.38に付属のDSTWO用スキン、
DSTWO - silver blueの全ファイルをコピーします。

DS工房
 ├ MyMenu
 │  ├ _R354
 │  │  ├ DS2SKIN
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  ├ R4-Menu
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  ├ Wood_R4
 │  │  │  ※Wood_R4 v1.35ファイル一式
 │  │  ├ YSMenu
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  └ boot.ini
 │  └ Report354.bat
 │
 └ resource
    └ R4-Menu
       ※Spinal Cord氏のR4Menuファイル一式

尚、このレポートが参考になったり面白かった方は拍手をお願いします。
[No. 354] 2013/12/28(土) NDS-マルチ・ブート comment(18)
No. 333

お気に入りのリメイク企画

2011年の新春企画で皆さんのお気に入りレポートを投票して頂き、
得票数の多い上位3レポートを最新の環境で再現するリメイク企画を遣りました。
残念ながらその時は反響が得られず企画自体が没になりました。
今回、私自身のお気に入りを最新のDS工房で再現する事を考え、
プラグインのお気に入りメニューとして残すリメイク企画を遣る事にしました。

DS工房4はレポート251からになりますが対象はその枠に拘りません。
また、当時は会員対象として限定公開したレポートでも、
今回のリメイク版では一般公開とする予定です。
…なのでDS工房が構築済みなら何方でも使用する事が可能です。

レポート 333用

その第一回目となる今回はレポート230のリメイクです。
このカスタム仕様は私自身が特に気に入っているものです。
当時は会員対象で限定公開をしていましたが今回は一般公開です。
DS工房r4.40からDSTWOの環境が強化されたので以前より準備が楽になりました。
今回はそれに合わせたプラグイン仕様になります。

尚、レポート230の時はユニバーサル・メニューで構築しましたが、
今回、リメイクするに当たってSpinal Cord氏のR4Menuに変更しました。
また、YSMenu用のスキンもリニューアルしました。

ダウンロードは こちら から行えます。
解凍後の_R230フォルダとReport230.batはMyMenuフォルダにコピーします。
_R230フォルダ内のWood_R4フォルダにはWood_R4のv1.35をコピーします。
DS2SKINフォルダにはWood_R4のv1.38に付属のDSTWO用スキン、
DSTWO - silver blueの全ファイルをコピーします。

DS工房
 ├ MyMenu
 │  ├ _R230
 │  │  ├ DS2SKIN
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  ├ R4-Menu
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  ├ Wood_R4
 │  │  │  ※Wood_R4 v1.35ファイル一式
 │  │  ├ YSMenu
 │  │  │  ※スキン・ファイル一式
 │  │  └ boot.ini
 │  └ Report230.bat
 │
 └ resource
    └ R4-Menu
       ※Spinal Cord氏のR4Menuファイル一式

今回の改造もいつもの事ながら自己責任でお願いします。
また、このレポートが参考になったり面白かった方は拍手をお願いします。
[No. 333] 2013/07/05(金) NDS-マルチ・ブート comment(5)
No. 291

R4とTTカーネルのデュアル・ブート

レポート288でR4iTTの二面性を紹介して、
それを利用したトリプル・ブートを遣ってみました。
レポート275ではR4iLSとEX4DSの二面性を書きましたが、
R4iTTの場合はDLDIドライバが異なる2種類のカーネルなので切り替えが難しいです。

レポート288では制約を回避しながら半ば強引にトリプル・ブートを遣ったので、
作業量が多過ぎてレポートで紹介するには不向きな内容になってしまいました。
また、Ace3DS PLUSの前例が有るので公開を控えました。
今回、R4iTTの二面性を引き出す簡単な組み合わせを見つけましたので、
R4とDSTTiを切り替えて使用するデュアル・ブートを紹介します。

レポート 291用

写真左列はDSTTiカーネルで右列はR4互換のR4LSカーネルになります。
ご覧のように2つのカーネルをジキルとハイドのように切り替えて起動できます。
今回の内容に目くじらを立てる処は無いと思うので今回は一般公開とします。
先ずは下記のハード&ソフトを用意します。

R4iTTカートリッジ(通称:黒)
R4(125)-English(R4LS用の最終カーネル)
DSTTi v1.17a12(非公式カーネルも可)
bootFirmware(FileTripで検索)
改造用ファイルこちら です。)

オリジナルR4カーネルは単独使用なら問題ありませんが、
今回のようなデュアル・ブートではそのままでは使えません。
そこでR4互換のR4LSカーネルを使用します。
R4互換なのはR4iLSではなくR4LSの方です。

R4LSの_system_とmoonshlフォルダをTFへコピーします。
_DS_MENU.DATは復号化してfirmware.ndsにリネームしてTFへコピーします。
_DS_MSHL.NDSはそのままTFへコピーします。

次にDSTTiのTTMenuフォルダをTFへコピーします。
TTMENU.DATはsystemfile.ndsにリネームしてTFへコピーします。
TTMenuフォルダ内のttreset.datをttreset.ipsでIPSパッチします。
ttreset.ipsは改造用ファイルに有ります。

最後にbootFirmware.ndsを赤箱用にDLDIパッチしてから、
_DS_MENU.DATにリネームしてTFへコピーします。
また、これを複製してR4.datにリネームしてTFへコピーします。
これで完成です。

起動するとインフォメーションを表示して停止するので、
[A]ボタンまたは[START]ボタンを押します。
[A]ボタンでDSTTiカーネルが起動し[START]ボタンでR4LSカーネルが起動します。

今回使用した以外にも使用可能なTTクローンやR4クローンカーネルが有りますが、
ここから先は各自にお任せします。
因みにWood-R4もv1.34までなら起動します。

尚、いつもの事ながら自己責任でお願いします。
また、このレポートが参考になったり面白かった方は拍手をお願いします。
[No. 291] 2012/11/17(土) NDS-マルチ・ブート comment(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑