FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 202

多くのカードがR4ライクに

「新 多カードR4化計画」とも言うべきユニバーサル・メニューの3回目は、
そのルック&フィールの元となった本家のR4と赤箱での使用方法です。
既にユニバーサル・メニューが用意されている事が前提ですので、
未だの方は前回のレポートを読んで準備しておいて下さい。

また、ユニバーサル・メニューにはYSMenuとMoonShell2が必須ですが、
MoonShell2のセットアップを見直してDS工房を更新しましたので、
レポートを実践する前に更新される事をお薦めします。

先ずはR4からです。
R4カーネルの特徴は暗号化されていることです。
M3製カードのカーネルは伝統的に暗号化されています。
ユニバーサル・メニューも同様に暗号化する事で起動可能になります。

始めにユニバーサル・メニューのbootme.binをR4用にDLDIパッチします。
この時に2種類ある「R4TF#」DLDIのV2の方でパッチします。
パッチ後のbootme.binをr4cryptで暗号化して_DS_MENU.DATを作成します。
DS工房で行う時はbootme.binをOUTPUT.DATの名前で複製して出力フォルダに入れ、
[R4カーネルの復号・暗号化]メニューで暗号化します。

次の赤箱も同様に起動の仕組みに従えば良いのですがかなり面倒です。
当研究所に足繁く通われている方なら既にその方法をご存知でしょうが、
そうでない方の為に専用のプログラムを用意しました。
こちら から改造用のファイル等をダウンロードして解凍します。

DS工房の出力フォルダにユニバーサル・メニューの基本ファイルをコピーします。
基本ファイルとはレポート201で作成したMENUフォルダとbootme.binの事です。
改造用のプログラムR202.exeもコピーして起動すれば赤箱用が生成されます。
同梱されているSKINフォルダには新たに3種類追加して置きましたので、
必要に応じて差し替えて下さい。

このようにユニバーサル・メニューはまだまだ多くのカードで使用可能ですが、
そろそろ飽きた頃だと思いますのでこのシリーズは今回で終わりにします。

尚、いつもの事ながら自己責任でお願いします。
[No. 202] 2011/05/18(水) NDS-カーネル変更 comment(5)
コメント

Re:2周年

りんさん、塚さん、Mioさん、ありがとうございます。

いゃー、筆不精の私が良くここまで書いてきたものです。
しかし、ある調査では2年以上続いているブログは意外と少なく、
更に月一以上の頻度で更新されているものとなると僅少だそうです。

これはブログ自体の歴史が浅い事も関係有るのでしょうが、
当研究所も存続の危機を迎えているのかも知れません。
BVgeUSCM by: アーク * 2011/05/24 21:34 * URL [ 編集] | UP↑

2周年

アークさん、2周年おめでとうございます。
3DS対応金箱に触発されて赤箱3DSとr4idsnを行っちゃいました。
HQd7haKE by: Mio * 2011/05/24 20:56 * URL [ 編集] | UP↑

2周年

アークさん、おはようございます
もう2周年ですか、おめでとうございます。
DSについては他のも色々なブログとかありますが
やはりこの研究所が一番肌に合うみたいです
これからもよろしくお願いします。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2011/05/24 04:45 * URL [ 編集] | UP↑

2周年

アークさん、こんばんは。

もう2周年なんですね。おめでとうございます。
レポートの数もそうですが、内容がどれも興味深いものばかりですよね。
これからも楽しみにしています。
r2W5us32 by: りん * 2011/05/23 23:02 * URL [ 編集] | UP↑

いつの間にか…

大震災を始めとして色々な事が有ったのでうっかりしていましたが、
当ブログは4月で2周年を迎えレポートも200を超えていました。
我ながら驚きです!!
BVgeUSCM by: アーク * 2011/05/23 19:20 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑