FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 235

R4とDSTTiで共用可能な月光

今から2年ほど前に興味深いソフトを立て続けに発表して注目を集め、
僅か一年ほどの間に精力的に活動されていたFairy Wing氏ですが、
残念な事に現在はサイトを閉じてしまい消息不明です。
同氏はQQDSやR4MS2、R4Menu等多くのHomebrewを発表しています。
どれもR4用のカーネルとして動作するものですがR4MS2だけはDSTTi用も存在します。

R4MS2は別名Moon Light(月光)と呼ぶようです。
MoonShell2のbeta5がベースになっているので、
作者のmoonlight氏に敬意を表しての命名なのかも知れません。

レポート235用

Fairy Wing氏はExtLinkに依らない独自のアプローチでndsの起動に対応しています。
また、チート機能も実装しているので実用的に仕上がっています。
同氏のサイトが閉鎖して久しいのでダウンロードできる所が少なくなって来ています。
興味が有る方は今のうちに入手しておいては如何でしょうか。

さて、とても良くできたR4MS2ですが中国語仕様です。
チートも同梱されている中国語のもので機能しますが、
日本語仕様のものにそのまま交換すると機能しなくなります。
どうやら同じusrcheat.datでも仕様が一部異なるようです。
また、MoonShell2のbeta5ベースなので例の最終クラスタ問題を内包しています。

今回はこのR4MS2を使用してR4とDSTTiで共用可能な環境を作成してみました。
R4とDSTTiのどちらでも起動して同じように使用可能です。
勿論、日本語化や最終クラスタ問題への対応も行い、
不完全ながらも日本語チートにも対応してみました。

今回は下記のソフトを使用しますので用意してください。
・R4MS2_R4 v1.02
 (この辺りから http://nds.tgbus.com/news/etc/200910/20091026163407.shtml)
・R4MS2_DSTT v1.02(同上)
・chgfile(mimicさんの研究室から)
・DS工房 r3.9以降
・usrcheat.dat(日本語版)

作業量は多いですがバッチファイルを用意しますので、
DS工房r3.9以降が構築済みなら簡単です。
さて、長くなりましたので実際の改造と使用方法は次回にします。
[No. 235] 2011/11/27(日) NDS-カーネル変更 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑