FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 297

R4iGold Plusを使ってみた

R4iGold Plusを試用してみました。
R4iGold Plusは旧金箱と同じところが出している比較的新しいアダプタです。
ここは旧金箱の後にv2.0を出しましたが短命に終わっています。
因みにv2.0の正体はR4Uiの単純クローンでした。

今回検証したのは豪華版と呼ばれているパッケージの方です。
パッケージは少し大きめの紙製でカートリッジも大きなプラケースに入っています。
このプラケースは開くとDS本体のスタンドとして使用できます。
他にはファームウェア・アップデート時に使用してPCに接続する、
大きめのUSBアダプタが入っています。

レポート 297用

R4iGold Plusカートリッジは金箱と同じ見慣れたデザインです。
ケースはチャコール・グレーの嵌め込み式でラベルは薄い金属製のシールです。
TFは上部から差し込むタイプでスプリング・キャッチャー式では無いです。
端子部分のガイド・レールは左右の両端に一本ずつ有るだけです。

R4iGold Plusのカーネルはmoonshl2フォルダとSYSTEMフォルダ、
そしてr4.DATと至ってシンプルなファイル構成です。
使用されているDLDIドライバは他の代表的なアダプタとは異なります。

レポート 297用

写真左列は起動時の画面で良く見る3ボタン・メニューです。
左からGame、MoonShell、Appとなっています。
これはR4King等のDSTT系に良く見られる構成です。
App(application)の中身はmail、msn、netとなっています。

写真右列はGameボタンを選択して表示されたゲーム選択画面です。
ファイル毎に設定ボタンが並ぶところ等はDSTT系のようでも有りますが、
自動的に検索する事は無くフォルダを認識します。
4つ並ぶボタンは左から振動、ソフト・リセット、チート、機能設定です。
ゲームを選択した時に現れるプログレス・バーはDSTT系に似ています。

レポート 297用

写真左はゲーム選択画面で[START]ボタンを押して表示されたメニューです。
メニューの内容はacekard系のstartメニューに良く似ています。
実際、ここで[設定]を選択すると写真右のような画面になります。
R4iGold PlusはR4iTTと同様で色々なアダプタの特徴を併せ持っているので、
今回の検証だけでは何系のアダプタなのかは不明です。
[No. 297] 2012/12/07(金) NDS-使用所見 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑