FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 332

プラグインの仕様を一部変更しました

DS工房4になってプラグイン・バッチの仕様を見直したので、
従来のような制約が無くなり普通のバッチを認識して登録可能になりました。
当初はこの方が便利だと思えたのですが、
プラグイン・バッチとして作成されていないバッチを不用意に起動して、
思い掛けないアクシデントに遭う可能性が無いとは言えません。

そこで初歩的な誤使用を防止する為に最低限のチェック機能を設ける事にしました。
勿論、バッチ自体の機能は制作者に委ねられていますので、
厳密なチェックという事ではなく不用意な使用を避けるのが目的です。

今回の仕様見直しでプラグイン・バッチには専用の識別子を付加する事にしました。
識別子はプラグイン・バッチの先頭行に下記のような形式で書き込みます。

@echo off && rem DSWS 317 レポート317用

『@echo off』以降はバッチとしては特に意味を持ちません。
『&& rem』はお呪いと思ってください。
『DSWS 317 レポート317用』の部分が識別子部分になります。

この例では最初の『DSWS』が識別子でその次の数字が識別コードになります。
識別子は2種類用意されていて当研究所が作成したものには『DSWS』を使用します。
DS工房のユーザが作成したプラグイン・バッチには『USER』を使用します。
識別コードの数字は制作者の為の管理用で数値は任意です。
最後の『レポート317用』はバッチの説明であると共にメニュー項目です。
プラグイン・バッチ・メニューにはこの部分が表示されます。

レポート 332用

今回の仕様変更に伴い過去のプラグイン・バッチを改修しました。
プラグイン・バッチをお使いの方はお手数でもお取替え下さい。
殆どのプラグイン・バッチに関して今回は識別子部分だけの変更ですが、
Report265.batだけはプラグイン用の変更も併せて行いました。
以前はその都度R4Menuを出力フォルダにコピーしてから実行する方式でしたが、
今回からOther_kernelsフォルダ内に予めR4_menuフォルダを用意して、
その中にR4menuの一式をコピーしておくように変更したので、
事前にR4menuを準備してください。

レポート268、308、319で紹介したプラグイン・バッチは支援室からで、
その他のプラグインのダウンロードは 書庫案内所 から行えます。
[No. 332] 2013/07/02(火) NDS-DS工房 comment(5)
コメント

Re:R308

アークさん

早速ありがとうございます。
作成には問題ないようです。
いつもお早い対応恐れ入ります。
r2W5us32 by: りん * 2013/07/06 23:07 * URL [ 編集] | UP↑

Re:R308

りんさん

ありがとうございました。
R308を積み直しました。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/07/05 22:39 * URL [ 編集] | UP↑

R308

りんさん、こんばんは。

R308の件、調べてみます。
R252は今回アップロードしていません。
初期導入キットにおまけで入っているものなので、
次の初期導入キット更新時には差替えておきます。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/07/05 19:21 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは

アークさん、こんにちは。

プラグインパッチの改修お疲れ様です。
R308ですが
「gotoの使い方が誤っています」とのコメントが出現します。
出力ファイルにも不完全なファイル群が‥
R252は書庫案内所にはありませんね‥
r2W5us32 by: りん * 2013/07/05 16:44 * URL [ 編集] | UP↑

Woodの更新に異変が…

WoodのR4とRPG用が更新されなくなりましたね。
R4iGold系は更新されていますがYWG氏のオリジナルなのかは不明です。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/07/03 23:35 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑