FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 340

New TypeアダプタのGATEWAYを緊急検証

3DSのROMが起動可能というので注目を浴びている新アダプタのGATEWAYですが、
漸くカーネルがアップロードされ予約販売が開始されたようです。
予約時に前払い金として1,000円を支払って注文するようです。
現状では予約販売なので実際に商品が届く時期や価格は未定ですが、
9,000円前後となる見込みのようです。

研究対象として大変魅力的で関心度の高いアダプタなのですが、
余りにも高額で当研究所の予算では中々手が出せません。
そこで先ずはカーネルの検証から始めてみました。
尚、日本語の解説サイトは未だ見当たらないので、
検証時に参考にした資料やサイトは全て英語のものです。
故に管理人の貧弱な語学力が原因で解釈違いが有るかも知れ無い事を、
初めにお断りしておきます。

3DSのROMが起動可能という事では既にAce3DS Proが発売されていますが、
あちらは予め3DS用のROMを一つ内蔵しているだけのようです。
一方、GATEWAYのアプローチは全く別のようです。
先ず、予想外なGATEWAYの商品構成に驚かされました。
何とGATEWAYアダプタはBLUE GatewayとRed Gatewayの2枚構成です。

レポート 340用

写真左はBLUE Gatewayと呼ばれているアダプタで右側がRed Gatewayになります。
BLUE Gatewayは3DSで起動可能な従来型のアダプタです。
このアダプタはRed Gatewayの為の環境を構築する為に有るようです。
従来通りにBLUE Gateway用のカーネルと付属ファイル一式をTFにコピーして、
3DSで起動してGW_INSTALL.ndsを起動してインストールを開始します。
インストーラ起動後にLauncher.datをSDにコピーして、
3DSのSDスロットに挿入してSystem Settingを行います。
数秒後にリブートしてGW modeに移行します。
BLUE Gatewayアダプタの役目はここまでです。

Red Gatewayは3DS専用に開発されたアダプタのようです。
片側に小さな出っ張りが有る市販の3DSカードと同じ形状です。
従来のアダプタ同様に上部にTF用のスロットが有ります。
しかし、その動作原理は従来のものと全く異なります。
Red GatewayのTFには3DS用のROMをイメージ・ファイルとして書き込みます。
書き込めるファイル数は一つだけです。
更に驚く事にこのアダプタにはカーネルが存在しません。
Red Gatewayは市販のカードと同じように認識されて起動するようです。

技術的には大変興味深いものが有りますが、
TFにコピーできるのは一つのゲームだけなので利便性は大きく後退です。
また、現状では3DS用のROMの吸出し環境が存在しません。
その辺りには何も言及されていませんでしたが、
敢えて避けたのかも知れません。
研究者は買いですがゲーマーは見送った方が懸命です。

レポート 340用

さて、BLUE Gateway用カーネルを検証したところWoodベースである事が分かりました。
BLUE GatewayはR4iLSやAce3DS PLUSの仲間のようです。
写真はBLUE Gateway用カーネルをR4iLSで起動したところです。
Woodのバージョンは少し前のv1.56でした。
勿論、ゲームの起動まで確認できました。
[No. 340] 2013/08/11(日) NDS-使用所見 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑