FC2ブログ
2019 051234567891011121314151617181920212223242526272829302019 07
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 342

DS工房5を公開しました

企画段階から方向性が二転三転しましたが漸くDS工房5を公開しました。
これに関連して役割を終えた旧DS工房はサポートの対象から外れました。
暫くは最低限のバグ対応は行いますがDS工房5への移行をお願いします。

DS工房は思い付くままに機能を追加してバージョンを上げて来ました。
多機能になった反面、導入時の負担が大きくなってしまいました。
必要な機能はユーザ毎に異なるので使わない機能は無駄になってしまいます。

DS工房5は旧版に比べてとてもシンプルな構成になっています。
これにより初期導入時の負担は大幅に軽減される事になりました。
旧版は最初にメイン・メニューを表示させるまでの準備が大変でしたが、
DS工房5では最小限の基本的な機能だけで起動するので、
メイン・メニューを表示させるだけなら容易です。

レポート 342用
写真はDS工房5のメイン・メニューですが、
ご覧のように素っ気無いほどシンプルです。
標準で備わっているのはYSMenuとMoonShell2関連のメニューだけです。
その他の機能はユーザが必要なものだけを追加して行く方式になりました。

DS工房5はシンプルな構成に拘り機能をユニット化しました。
ユニットは基本ユニットとアドイン・ユニットの2種類があります。
YSMenuユニットとMoonShell2ユニットは基本ユニットです。
基本ユニットは他にもDLDIや共有ユニットが有ります。

アドイン・ユニットは旧版のプラグイン・バッチに相当します。
レポート付随の自動化バッチもこれに含まれます。
アドイン・ユニットはユーザ自身が必要なものだけを揃えれば良く、
ユーザ独自のお気に入りメニューを構成する事が可能です。

尚、アドイン・ユニットは旧版のプラグイン・バッチと基本的仕様は同じですが、
全体のファイル構成が大幅に変更になっているので互換性は有りません。
今後、旧版のプラグイン・バッチを順次対応させて行きます。

また、DS工房5は導入時の敷居が下がったので、
何方でも気軽にお試し頂く事が可能になりました。
例えばレポートの実践の為だけに導入する事を躊躇っていた方や、
PCに不慣れな方でも気軽にお試し頂けます。
[No. 342] 2013/08/25(日) NDS-DS工房 comment(12)
コメント

Re:DS工房5

柏餅・茶さん、こんばんは。

色々とご意見を頂きありがとうございます。

定型作業を簡略化するためにDS工房を作りましたが、
途中からレポート付属バッチの実行環境としての役割も担う事になり、
ユーザ層を絞り難い状況になっていました。

また、あれもこれもと詰め込んだ結果、
多機能では有るけれど構築が大変なユーティリティになってしまいました。
ユーザ毎に必要な機能が異なるのは当然ですし、
バッチの実行環境としてだけ使うのも有りかなと思いました。
それで選択的に構築できるシステムにする事に考えが至りました。

この方針は今も変わりませんが、
具現化が旨くなかったので再検討をしています。
しかし、今は殆どのファイルにアクセスできないので、
大規模な改修は研究室が復活してからになりそうです。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/09 23:15 * URL [ 編集] | UP↑

Re:DS工房5

こんばんは、お疲れ様です。

>仕様がふらついているのが原因
DS工房5の短期的に見た時の欠点
ファイル構成を大幅に変更したこと。
今回のバグの大半の原因はこれと推測されます。
DS工房5の長期的に見た時の成功点
ファイル構成の見直しを行ったこと。
これはDS工房4と決別し新たなスタートを切った決意が伝わってきます。

しかし、DS工房4の束縛から離れることが出来ずに、DS工房5設計時点でDS工房4と
同一機能を持たせた設計を常に念頭に置いたイメージを持ってしまっていると思います。
(支援室の追加構成の記載がこの表れではないかと。)
その為、基本思想が安定しないのではないでしょうか。
DS工房4の維持を並行して行なう思うと難しいですけど。

>状況の変化の影響
フィードバックが少なくなっている今の状況を受け止めた対応が必要なのでしょう。
会員専用のブログへの移行も念頭にあるようですが、DS工房5をその試金石としては
如何でしょうか?

DS工房5に関するレポートは公開当初は閲覧制限を実施し会員さん向けに先行公開し
フィードバックを得て一定期間経過後に一般公開しては如何でしょうか。
「協力して作り上げる」という参加型を希望する会員さんの要望と、
「安定したシステム」を願望する一般読者の双方の希望を両立するのではないでしょか。
これでフィードバックがないようだと会員制システムも再検討が必要かも知れませんが。
KdNf3DS6 by: 柏餅・茶 * 2013/09/08 23:51 * URL [ 編集] | UP↑

りんさん

こんばんは。

ご意見ありがとうございます。

DS工房4からDS工房5へ仕様を二転三転させながら、
最終的にこのような形になりました。
結果として大きく変更してしまったので、
もう少し仕様を詰めるべきだったかも知れません。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/05 22:48 * URL [ 編集] | UP↑

Re:DS工房5

塚さん、こんばんは。

ご意見ありがとうございます。

全くテストをしていない訳ではないのですが、
十分でない事は明らかですね。
仕様がふらついているのが原因の一つなので、
もう一度見直してみます。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/05 22:40 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは

みなさん、こんばんは。
柏餅・茶さん、塚さん、お久しぶりです。

柏餅・茶さんの仰るとおり
バグが多いようですね‥

今までVer3、Ver4等を使用してきた人には何ら抵抗はないと思いますが
(私もそうですがバグが多いほうが却って楽しいものです)
初めて研究所に来られVer5から始められる方にとっては
かえって敷居が高くなりますね。
「取っ付きやすいものになってない‥」
となるとまたまた訪れる方がいなくなりますね‥(。-_-。)

ここはアークさんにお頼みして修正してもらった方がよさそうです。。
ですので、よろしくお願いします。。

DSから3DSへ話題が移りつつある今‥
DS工房5についてはゆっくりと修正更新しても問題ないと思いますので
時間をかけてお願いします。
r2W5us32 by: りん * 2013/09/05 22:26 * URL [ 編集] | UP↑

DS工房5

 DS工房5は「DS工房4→5移行ツール」のおかげで
取り敢えず完成しましたが、柏餅・茶さんのように検証まで
まだまだ追いつきません(ちょっと仕事が忙しくて)
「他の方のご意見もお聞きしてみたいです」
とありますので一言

確かにDS工房は完成した形で出てくるのがベストだと思いますが
プロトタイプでの発表も特に問題はないのでは
今回は間口を広げて敷居を低くする予定だったはずですが
図らずも指摘のあるようにバグが多かったみたいなので
(自分で検証していないので申し訳ありません)
多くの人に検証してもらい完成させてもいいのではないかと
その方がアークさん一人よりも完成するのが早いのではないかと思います
(一人よりも他の人が確認した方がバグとかの発見も早い場合も)

柏餅・茶さんのような方がいてここは成り立っている思います。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2013/09/05 21:05 * URL [ 編集] | UP↑

Re:DS工房5

柏餅・茶さん、こんにちは。

何時もながら詳細に報告して頂きありがとうございます。
ユーザ・サイドに立って観ればご意見は正論だと思います。
ユーザの内訳として只使うだけの方が大半を占めると思われます。
そのような方にとっては完成されている方が良いのは明らかです。
…とはいうものの多様性の世の中なので他の方のご意見もお聞きしてみたいです。
皆さんはどのようにお考えでしょうか。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/05 13:09 * URL [ 編集] | UP↑

Re:DS工房5

こんばんは、お疲れ様です。

また、皆さんに煙たがられそうですが、

>正直なところ私はテストが得意ではないので、
>バグ等の不具合の発見にはユーザに頼っています。
プログラムを一度実行すれば簡単に判明するバグの存在が非常に多いと思います。
「なぜ、こんな簡単にわかる内容が流出するのか?」と思うことが多々あります。

>焦りではなく状況の変化の影響は有るかも知れません。
NDSアダプタを取り巻く状況は厳しきなっていることは確かですが、
逆に2年前の状況が異常だったともいえます。
それと、やはりバグの多さがユーザーに与えている影響も大きいと思います。
苦労して構築したDS工房が使ってみたら「あれっ!ダメじゃん」となったら、
やはり離れていってしまいます。
ベーター検証を経てのリリースですのでそれなりの完成度は求めてしまいます。
DS工房5は、DS工房4と同じ道を辿ってはいけません。

先日に続き問題点の報告です。
YSMenuについて、
acekard2(i)、R4U(i)、DS Fire2、iEDGE(Fake)、GALAXY EAGLEi
 「__ak2」フォルダがありませんのメッセージが出て使用不可。
 *) /Kernels/AK_menu にカーネルを配置しても同じ
TouchPod、R4RTS、iTouch DS
 sucnvdose.exe のエラーが発生する。
 *) /Kernels/Real及び/Kernels/Sakuraにカーネルを配置しても同じ
先日の報告をあわせると、YSMenuは全滅です。

DSTWOは、「必要なファイルがありません。」のメッセージが出るのは判るのですが
なぜか「dlditool.exeがありません」のメッセージも出ます。

m3dldi.dat とr4dldi.datが、初期構築時に自動で作成されないのです。
今回は、特に難しい構築ではないと思うのですが、何処か間違えているのでしょうか?。

MoonShellについては、
レポート No.325 の残件も含めて別途整理して報告したいと思います。

DS工房5の基本構成の要望(個人的に)
「akmenu4.23」は、必須ファイルにする。
DSTWOは、DS工房の基本コンセプトから考えると、この項目に含まない方が良い。
これならば、基本メニューはすべて動作すると思います。

【 追加構成 】の扱い
サポート室に追加構成を記載すると、
「分からない場合は全て揃える事をお勧めします。」とある様に
結局全て揃えることになってしまいます。

サポート室は、基本構成のみの案内のみで、追加構成は必要な時に
レポートに構成を記載してはいかがでしょうか。
レポート作成の負担は若干増えてしまいますが・・・・

DS工房のコンセプトは、レポートの実践において定量作業の簡素化及び
作成されるファイル群の統一が大きなテーマだと思います。
多くの人に楽しみを味わっていただきたいので、初期の構築負担を軽減し
DS工房への入り口の敷居を下げる為にもサポート室も判りやすくしたいですね。

色々と余計なことまで書いていますが、現状の優先順位は研究所の復旧だと思います。
まずは、そちらに専念していただき、DS工房5は落ち着いてからでも。
その間にいろいろと報告があがるかもしれません。
KdNf3DS6 by: 柏餅・茶 * 2013/09/05 00:23 * URL [ 編集] | UP↑

Re:DS工房5

柏餅・茶さん、お久しぶりです。

DS工房5の動作検証ありがとうございます。

> 確かに収集するファイルは少ないのですが、YSMenuの項目は半分以上使えない。
> エラーが出てもどうすれば良いか判らない。
そうですね。DS工房5の初期導入キットでは機能を思い切り削ぎ落としたので、
ベィシックな状態では使えない機能が多いですね。
エラーの対処もある程度分かっていないと難しいかも知れません。
この辺りは追々直していくつもりです。

本当は現時点で使えない機能はグレー表示で機能しなくできれば良かったのですが、
私の力の及ばない所なので諦めざるを得ませんでした。

> 基本構成では使用しない「R4-Menu」が必須ファイルの扱いなら、
> 「akmenu4.23」等はDS工房にとって、もっと重要なファイル群と思います。
確かにそうですね。
R4-Menuは必須ではないので基本構成には入れるべきではありませんね。

> R4DS YSMenuにて、r4patch.dat , r4dldi.datが作成されない。
こちらでも現象を確認しました。

> 初期導入キットの /Units/DAT の場合
> YSMenu*.bmpは、コピーされるが、dat3兄弟はコピーされず。
> 「DS工房5」サポート室の Units/Data の場合
> dat3兄弟はコピーされるが、YSMenu*.bmpはコピーされず。
現象を確認しました。

> 従来のバージョン管理に相当する機能が無いですね。
> MoonShellの場合は、MS2folder.txtを直接編集するしかない?
これに関しては基本機能として設ける予定はありません。
要望が多い時はアドインで追加します。

> DS工房5でも完治されておらず継承してしまっているのは残念です。
> (DS工房4もこの状態で終了してしまうのも残念です。)
DS工房4に残っている潜在的なバグはそのまま引き継いでいると思います。
また、ファイル構成を大きく変更した事で新たなバグを生んだ可能性があります。
正直なところ私はテストが得意ではないので、
バグ等の不具合の発見にはユーザに頼っています。

また、DS工房4に関してもバグ修正はするつもりで残しています。

> 何かあせってリリースを急いでいるような印象も受けます。
> ベータ検証でもう少し熟成させてから公開でも良かったかも。
焦りではなく状況の変化の影響は有るかも知れません。

2年ほど前まではDS工房のダウンロード数は1,200程度あったので、
200名程度の方には本当に使って戴けていたのではないかと思います。
現在は数十ですのでユーザ数は十数名なのではないかと思います。
以前より殆どの方は何もフィードバックされないので、
会員の方からの報告が頼りでした。

今回も公開前に会員限定で試用して頂き意見をお聞きしてきたのですが、
会員数も激減していますので以前のような訳には行きません。
本来ならもう少し完成度を上げてから公開した方が良いのでしょうが、
敢えて未完成のまま公開して広く意見を聞こうと思いました。

DS工房5のコンセプトはご指摘の通りですし、
現状での乖離も承知していますが少しずつ近づけて行けたならと思っています。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/03 20:08 * URL [ 編集] | UP↑

DS工房5

こんばんは、お久しぶりです。

DS工房5のリリースお疲れ様です。
久しぶりにDS工房の更新に着手しました。
使い方が判らないのが原因かもしれませんが、
ちょっと感じたことを素直に書かせていただきます。
皆さんに嫌われるかもしれませんが・・・・

「PCに不慣れな方でも気軽にお試し頂けます。」の
コンセプトとは裏腹に最初から色々と躓いています。

初期導入キットと「DS工房5」サポート室のフォルダ構成が異なります。
とりあえず「DS工房5」サポート室を基準に必要なフォルダの追加や
フォルダ名称の修正を行い構築しました。

>また、DS工房5は導入時の敷居が下がったので、
>何方でも気軽にお試し頂く事が可能になりました。
逆に敷居が高くなってしまったような気がします。
確かに収集するファイルは少ないのですが、YSMenuの項目は半分以上使えない。
エラーが出てもどうすれば良いか判らない。
ならば、初期でのメニューへの表示はしない方が良いのではないでしょうか。

基本構成では使用しない「R4-Menu」が必須ファイルの扱いなら、
「akmenu4.23」等はDS工房にとって、もっと重要なファイル群と思います。
既に拡張機能のアドインがリリースされていますが、基本機能で使用出来ない
項目が多い中での拡張機能の提供には疑問を感じます。
従来の中上級者の会員向けが基本のツールでは、各自がクリアできる内容かも
知れませんが、今回は「何方でも/PC初心者でも」がコンセプトなので。


使えた機能で簡単に見つかった問題点を報告します。
R4DS YSMenuにて、r4patch.dat , r4dldi.datが作成されない。

フォルダ構成の不具合
初期導入キットの /Units/DAT の場合
YSMenu*.bmpは、コピーされるが、dat3兄弟はコピーされず。
「DS工房5」サポート室の Units/Data の場合
dat3兄弟はコピーされるが、YSMenu*.bmpはコピーされず。

従来のバージョン管理に相当する機能が無いですね。
MoonShellの場合は、MS2folder.txtを直接編集するしかない?

レポート No.325 の
>現段階では全てを直し切れていません。
は、DS工房5でも完治されておらず継承してしまっているのは残念です。
(DS工房4もこの状態で終了してしまうのも残念です。)

DS工房5のコンセプトは、たぶんDS工房の本来の姿だと思います。
ゆえに、DS工房5の基礎である基本ユニットは屋台骨ですので強固なもので
なければなりません。
何かあせってリリースを急いでいるような印象も受けます。
ベータ検証でもう少し熟成させてから公開でも良かったかも。

ご無礼な内容や文章使いかもしれませんが、何卒お許しください。
KdNf3DS6 by: 柏餅・茶 * 2013/09/02 23:59 * URL [ 編集] | UP↑

Re:現在

塚さん、こんばんは。

早々のDS工房5への移行ありがとうございます。
最初の内はDS工房4には遠く及びませんが、
徐々に充実させて行く予定です。
DS工房5は旧版より柔軟性が高いので、
面白い事ができるかも知れません。
BVgeUSCM by: アーク * 2013/09/01 00:00 * URL [ 編集] | UP↑

現在

 現在DS工房5を作成中ですが
今までのDS工房に甘えていたせいか
ファイルの構成の確認に一苦労しています、
取り敢えず頑張ってDS工房5
完成させたいと思います。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2013/08/31 17:31 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑