2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 366

多カードに対応した似非Wood

レポート247と248ではカーネル更新状況の調査中に発見したR4i3Dを紹介しました。
R4i3DはWoodのUIはそのままにローダを分離した新しいカーネルを採用した、
それまでに無いユニークなアダプタでした。

更にextinfo.datとinfolib.datを参照するという仕様に興味を引かれ、
レポート247ではそのローダをYSMenuで利用してみました。
また、レポート248ではWood R4 for Clones v1.42と組み合わせて、
公式Woodが対応していないアダプタでWoodのUIを利用してみました。
その後、同様のカーネルを採用したDual-Core系のアダプタを幾つか確認しています。

今回はそのレポートの延長で多くのカードでWoodのUIを使えるようにしてみます。
AK系のアダプタ用にはDual-Core系のローダも選択可能とします。
それを実現するにはある程度の準備作業が必要なのですが、
今は公開ブログではないので端折っていきなりアドインとしてリリースします。
今回のアドイン・ユニットは こちら からダウンロード可能です。

レポート 366用

アドイン・ユニットなのでWoodyフォルダとWoodyMenu.batは、
MyMenuフォルダにコピーして使用します。
また、このアドインはDual-Core系のWoodを利用するので、
動作条件としてKernelsフォルダ内のWoodフォルダにこの系列のWoodが必要です。
既にWoodアドイン(R346)を追加済みでR4i3Dが存在するなら問題ありませんが、
そうでない場合はKernelsフォルダ内のWoodフォルダにR4i3Dフォルダを作り、
R4i3Dカーネルをコピーして使用します。

R4i3Dでは無く他のDual-Core系のWoodを使用する事も可能ですが、
その場合にはWoodyフォルダ内のwoody.txtの編集が必要です。
woody.txtには初期値としてR4i3Dと書かれていますので、
自分でセットしたDual-Core系のWoodの格納フォルダ名に変更します。

尚、Dual-Core系のWoodは当初extinfo.datとinfolib.datを参照していたのですが、
途中からそれらが合成されたmixinfo.datに変更されました。
TTカーネル用のextinfo.datとinfolib.datを流用する時には注意が必要です。
ローダのsqpth.binの作成日付は2011年11月10日と2011年12月22日、
2012年8月19日および2013年9月15日がある事を確認していますが、
extinfo.datとinfolib.datを使用していたのは2011年12月22日までのようです。
[No. 366] 2014/03/01(土) NDS-カーネル変更 comment(16)
コメント

Re:なんとなく

塚さん、こんばんは。

M3DS.ndsもr4dldi.datもセットアップ時では無く使用時に作成されます。
例えばMoonShell2をTouchPod用にセットアップすると自動作成されます。
そのファイルがセットアップ時にチェックされてエラーになります。
本当に必要になったら作成されるので問題は無いのですが、
精神衛生上は宜しくありませんね。
要はこれらの自動作成をセットアップ時に行うように変更すれば良いのですが、
取り敢えずセットアップ時チェックしないように変更してみました。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/08 19:05 * URL [ 編集] | UP↑

なんとなく

調べていくと
なんとなく「r4dldi.dat  ※自動で作成されます。」
が原因じゃぁないかと
r4dldi.dat をresourceにコピーするとすんなり
M3_Unitが完成しました

まあ原因はわからなかったんですけど
「※自動で作成されます」はチェックには引っかからないのかも?
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/08 06:57 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは

塚さん

>「M3DS.nds ※自動で作成されます。」のはずなんですが
そうですね。
確かに自動で作成されるのですが、
セットアップ時ではないですね。
…なのでファイル・チェックの対象にするべきでは無いですね。

しかし、M3DS.ndsが無くてもM3_Unitのセットアップは行われますし、
2014/03/05 04:25のコメントのようなエラーは起きませんね。
エラーの内容からしてBase_Unitのセットアップに問題が有りそうです。

りんさん

私もDupF425を使用して必須ファイルを確保しているので、
この件は気が付きませんでした。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/07 20:02 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは。

塚さん、こんばんは。

M3DS.ndsですが
確かに同じようなコメントを確認しました。

私はDS工房4からの抽出ツールを使用したので
出くわすことがありませんでした。

一から作り直すと確かに出くわすかもしれませんね…
r2W5us32 by: りん * 2014/03/07 18:17 * URL [ 編集] | UP↑

ファイル構成検査

現在下記のような状況です
「====== スタータ・キットの検査結果 ======

----------《 必須ファイル確認 》----------

[DS工房フォルダ内の構成_504]
 問題ありませんでした。

[resourceフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Unitsフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[CMNフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[DATフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[DLDフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[DRVフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Utilityフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

→ 必須ファイルは全て揃っていました。


====== ベース・ユニットの検査結果 ======

----------《 必須ファイル確認 》----------

[Kernelsフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[TTv117フォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[TTv117a12フォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Unitsフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[MS2フォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[ExtLinkフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Resetフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[v206フォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[v210フォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[YSMフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

→ 必須ファイルは全て揃っていました。


======== M3ユニットの検査結果 ========

----------《 必須ファイル確認 》----------

[Kernels/Realフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Units/YSM/CFGフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Units/MS2/Resetフォルダ内の構成]
 問題ありませんでした。

[Units/MS2/Resetフォルダ内の構成]
 M3DS.nds
 以上の1ファイル(フォルダ)が有りませんでした。

→ 必須ファイルが不足しています。」

と表示されます
「M3DS.nds ※自動で作成されます。」
のはずなんですが
やはりSetup.batの途中で停止するので作成されていないのでは?

追伸:自動でファイルチェックについては言葉足らずでした
  個人的に新規に構成もしくはアップデートする時は
 毎回「検査報告書.txt」を削除していたものですから
 その場合はDSWS.batを起動させるとチェックしていましたので。

iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/07 04:29 * URL [ 編集] | UP↑

Re:再度

塚さん、こんばんは。

> 自動でチェックしてくれるので問題はないかと
セットアップ時のチェックの事ならそれは違います。

ユニットを追加する時は2段階で行われます。
ユニットのインストールと必須ファイルの配置です。
それでセットアップは完了してcompoフォルダとSetup.batは自動消滅します。

その後にDSWS.batを起動するとファイル・チェックが行われて、
必須ファイルが揃っているか確認されます。
つまり一つのユニットの追加が完了する毎にDSWS.batを起動して、
ファイル・チェックを行う必要があります。

特にベース・ユニットは他の基本ユニットのベースとなるので、
正しくセットアップされていないと他のセットアップに影響が出易いです。
ユニットを纏めてセットアップしてから纏めて必須ファイルの配置を行うと、
正しくセットアップできない可能性が大きいです。

一度に纏めてセットアップできないので少々面倒に感じますが、
ユニット化した事による弊害かも知れません。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/06 22:52 * URL [ 編集] | UP↑

再度

今回は

スタータ・キットr5.32版から開始
ベース・ユニットr5.32版
M3ユニットr5.32版と実施して見ました
状況は変化なし
同じ表示が出てセットアップが中止されます
なお
「個々のセットアップが完了していない可能性が考えられますね」
については今回M3ユニットしか追加していないので可能性は低いかと
「ファイル・チェックをしてますでしょうか? 」は
自動でチェックしてくれるので問題はないかと
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/06 04:49 * URL [ 編集] | UP↑

Re:ニューセットアップ

塚さん、こんばんは。

> 下記の順番で作成しました
ありがとうございます。
助かります。

私もこの順番で遣ってみましたが正常にセットアップできました。
…となると必須ファイルが不足しているか、
個々のセットアップが完了していない可能性が考えられますね。

それぞれのユニットをセットアップする毎にDS工房を起動して、
ファイル・チェックをしてますでしょうか?
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/05 22:51 * URL [ 編集] | UP↑

ニューセットアップ

アークさんへ
下記の順番で作成しました
ちなみにTTMENU.DATはハッシュ値を確認したので
公式の毒抜きのはずです(ハッシュ値ですC9C43D38)

スタータ・キットr5.32版から開始
ベース・ユニットr5.32版
AKユニットr5.32版 
M3ユニットr5.32版と実施していった時に

「set_env.cmd 〉支援ソフトを確認中...
Setup.bat 〉インストール済です。
Setup.bat 〉m3r4.dldiはセットアップ済です。

Setup.bat 〉正規版r4dldi.datを抽出しました。

C:マジコン変換DS工房5ー3DS工房Worksr4patch.dat が見つかりませんでした。」
と表示

「sucnvdoseは動作を終了しました」

「問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりま

した。プログラムは閉じられ、解決策がある場合は

Windowsから通知されます」

と表示されます。

iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/05 04:25 * URL [ 編集] | UP↑

Re:ニューセットアップ

塚さん、こんにちは。

> 確認しましたがDS工房のどこにもr4patch.datは無かったみたいです。
r4patch.datは処理の過程でその都度作成されます。
M3_Unitのセットアップ時にも一時的に作成されて、
その後に削除されます。
…なので「DS工房¥Works¥r4patch.datが見つかりませんでした」とは、
削除しようとしたが既に無かったという事かも知れません。
またはr4patch.datを作成できなかったのかも知れません。

r4patch.datの作成にはTTv117のTTMENU.DATを使用するのですが、
最近の非公式カーネルを使用した場合にはr4patch.datを作成できません。
塚さんと同じ状況の再現を試みていますが現在は再現できていません。

セットアップの手順としては、
一つのユニットを追加する度に付属のSetup.batを実行します。
次にそのユニットに必要な必須ファイルを追加して、
もう一度Setup.batを実行するとセットアップが完了します。
Setup.batはその時に自動的に消滅します。
後は追加するユニット毎にこの操作の繰り返しになります。

因みにユニットはどの様な順番に追加したのでしょうか?
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/04 13:55 * URL [ 編集] | UP↑

ニューセットアップ

M3_Unitを作成しようとした時
Setup.batを作動させると
「DS工房¥Works¥r4patch.datが見つかりませんでした」
と表示されます
取り敢えずr4patch.datを持っている物をコピー
再度Setupを再開(途中で止まりますが)何度か繰り返すと
終了します
再度、確認しましたがDS工房のどこにもr4patch.datは
無かったみたいです。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/04 04:54 * URL [ 編集] | UP↑

スキン

こんばんは。

新しいスキンを作ってみました。
単なるバリエーションですが…。

_ttp://kie.nu/1IJ9

ダウンロードは3日間有効です。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/03 20:39 * URL [ 編集] | UP↑

Re:ニューセットアップ

塚さん、こんばんは。

> 再度R319を書き換えましたが症状は変わりません。
工房5用のアドインはレポート332で仕様の見直しを行ったので、
それ以降にリリースされたものでないと動作しません。
R319のアドインはレポート347に新しいものがあります。

因みにこの似非Woodを使用する時に有ると便利なWoodアドインは、
レポート346に有ります。

しかし、後からだと探し難いですよね。
何か方法を検討します。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/02 18:28 * URL [ 編集] | UP↑

ニューセットアップ

「工房5はここに来てセットアップやアップデートが格段に簡単になって来ています」
確かにその通りです、しかもアップデータf20140302のおかげで
悩むこともなく取り敢えず構築完了
あとはMyMenuを完成させるだけです。

PS:R319が前回と同じ症状になりました、
現在 再度R319を書き換えましたが症状は変わりません。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/02 15:55 * URL [ 編集] | UP↑

塚さん

こんばんは。

> DS工房5を最新のStarter-kitで一から構築中です
工房5はここに来てセットアップやアップデートが格段に簡単になって来ています。
是非お試しください。

> 近いうちに完成させたいのですが(特にレトロな表示)
レトロな代替メニューはりんさんにも気に入って頂きました。
私自身も気に入っているのでバリエーションが存在します。
BVgeUSCM by: アーク * 2014/03/01 19:45 * URL [ 編集] | UP↑

おはようございます

只今 DS工房5を最新のStarter-kitで一から構築中です
順を追っているのでなかなか手ごわいです
なんせ2ヶ月のブランクが・・・
近いうちに完成させたいのですが(特にレトロな表示)
頑張ります。
iqhSIKS2 by: 塚さん * 2014/03/01 08:42 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑