2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 387

DS用のスピーカー・システムに高望み

今回は普段とは少し違った内容ですがお付き合いください。

皆さんは普段、音楽をどの様に聴いているでしょうか。
MP3プレーヤ等のメモリ・オーディオと呼ばれる機器でしょうか。
それとも携帯電話で手軽に聴く派でしょうか。
もっと本格的にiPodを持ち歩いていますか。

現在は何処でも手軽に音楽が聴けるようになりましたが、
その昔、音楽は屋内で聴くものでした。
音楽を屋外に持ち出すのに貢献したのは言うまでも無くウォークマンです。

今でもシスコンやミニコンと呼ばれるオーディオ・セットは残っていますが、
当時のオーディオの主流は複数の機器で構成されたコンポーネントでした。
コンポーネントとはレコード・プレイヤやFM・AMチューナ、
プリアンプとパワーアンプやカセット・デッキ等の機器を自由に組合わせて、
自分好みのオーディオ・セットを構築できるスタイルです。
当然の事ながら全てを揃えると大変高価なものになります。
コンポーネントは今でもマニア向けに残ってはいますが当時より更に高価です。

当時は今では考えられない程の空前のオーディオ・ブームでした。
その頃、音楽はスピーカを鳴らして聴くものでした。
当然、スピーカも各メーカーの物が単品で選べました。
国内メーカーはテクノロジィを前面に押し出したものが多かったですが、
マニアの間では定評有る海外メーカーの物に人気が有ったようです。

スタジオ・モニタとして揺ぎ無い人気のJBLや、
比較的に小さな筐体で迫力有るサウンドのBOSE、
クラシック派にはTANNOY等が人気が有ったようです。
また、BOSEは音場理論を駆使した製品が目立ちました。
従来の概念に囚われないharman/kardon等も話題を集めました。

JBLと言うとプロ用のスタジオ・モニタが思い浮かびますが、
JBLにも音場理論を駆使したマニア向けの製品が有りました。
それが独自の音場理論で独特のフォルムを持ったParagonです。
レポート 387用
この写真だけでは大きさを想像するのが難しいですが、
横幅が約2.6メートル程で高さが1メートル弱ですので、
それ程大きなものでは有りません。
更にその独特な音場理論と相まってベスト・ポジションは比較的に近距離です。
恐らく8帖程度の空間が有れば設置可能と思われます。

管理人も喉から手が出るほど欲しかったのですが、
設置スペースの問題ではなく価格の問題で手が届きませんでした。
製品自体は1957年から有ったようですが、
日本では1965年から取り扱うようになったようです。

Paragonはマイナー・チェンジを行いながら半世紀近く生産・販売されました。
価格は100数十万円から300数十万円だったようです。
Paragonはマニアの間で人気が有ったにも拘らず高価ゆえに、
ミニチュア版の製作が盛んに行われました。
世の中には器用な方がいらっしゃるもので、
管理人は実際にとても精巧に作られたParagon-miniを見た事があります。

無謀にも当研究所の工作室でもParagon-miniの製作にチャレンジしてみたいと思います。
只、管理人は器用ではないので曲線を多用した木工細工は無理なので、
精巧なミニチュアを作るのではなく音場理論に従ったものを作ってみようと思います。
既に設計作業に入っていますが製作は未定です。
進展が有りましたらレポートしたいと思います。
[No. 387] 2014/07/04(金) 工作室 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑