FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 40

R4でオクテット・ブート(別仕様)

「R4でオクテット・ブート」はレポート36・37で既に遣りましたが、
その時のはデモンストレーション性が強く実用性に乏しいものでした。
今回は実用性を確保しながらオクテット・ブートを実現します。

…と言うと難しそうな印象を与えかねませんがそんな事はありません。
今回のは過去の研究成果の組み合わせに少し手を加えるだけです。
使うのはレポート17とレポート36・37の手法です。

■R4(YSMenu)の設定
レポート17を読み返してベースとなるカーネル部分を設定します。
この時のフォルダとファイルの構成は今回もそっくり使います。
ここまででmicroSD(TF)上のファイル等の構成はこのようになります。

レポート40用

■その他のカーネルの設定
レポート36・37を参照してIPSパッチ済のカーネルを用意します。
処理済の7カーネルはTFのルートにコピーします。

次に起動用のファイルもIPSパッチして用意します。
こちらも詳しい事は書きませんのでレポート36・37を参照して下さい。
今回使うIPSパッチはM3_114.ips, n5.ips, R4_III.ips, R4_E7.ipsと、
ND_1.ips, NPlayer.ips, MARS.ipsの7つです。

起動用のファイルが7つできますので、
TFのルートにR4MENUフォルダを作ってその中にコピーします。

R4MENUフォルダを隠し属性に変更します。
フォルダを選択して右クリック・メニューからプロパティを選択して、
属性を「隠しファイル」に設定します。

更にR4TF.ndsR4_MENU.ndsにリネームしてTFのルートにコピーします。
ここまででTF上のファイル等の構成はこのようになります。

レポート40用

■全体の設定
ここまで来れば最後の仕上げを残すのみです。
先ず、_system_フォルダにthemesフォルダが有りませんので、
レポート36・37で使用したものをコピーします。
この時にダウンロードしていない方の為に再度保管室に置いてあります。
今回も数日で削除する予定です。削除しました。

次にYSMenuフォルダのYSMenu.iniを今回用の物に交換します。
今回用に設定済のものは こちら に有ります。

■使い方
普通に起動するとR4のカーネルが立ち上がります。
左のゲーム・ボタンを選択してゲーム選択画面にします。
この時に起動するのはYSMenuです。
勿論、このままROMを起動する事ができます。

他のR4を起動する場合は[Start]ボタンを押します。
写真のようなメニューが表示されますので選択して起動します。

レポート40用

どのR4からもROMの起動が可能です。
それぞれのR4からはR4_MENU.ndsを選択する事でベースのR4に戻れます。
コメント

トマトさん

ご操作を防止するのが目的ですのでフォルダ以下全てを対象にして下さい。
BVgeUSCM by: アーク * 2009/06/21 14:17 * URL [ 編集] | UP↑

R4MENUを隠し属性にするとありますがR4MENUのフォルダだけを隠し属性にするのですか?
それともフォルダの中も隠し属性にするのですか?
- by: トマト * 2009/06/21 13:10 * URL [ 編集] | UP↑

アークさん

わざわざ返信ありがとうございます。
2009/06/09 12:49 のタイトル さんを付け忘れてすいません。
- by: kuuminn * 2009/06/11 00:24 * URL [ 編集] | UP↑

kuuminnさん

解決しましたか。良かったですね。
BVgeUSCM by: アーク * 2009/06/09 22:58 * URL [ 編集] | UP↑

アーク

すいません 大変申し訳ありません。自己解決しました。
犯人は Orbit でダウンロードしていたからでした。 
ごめんなさい。
これからも レポート楽しみにしています。
ほんとにごめんなさい
- by: kuuminn * 2009/06/09 12:49 * URL [ 編集] | UP↑

アークさん

説明不足で申し訳ありません。
保管室からダウンロードしたものです。
themes.zip(13.4KB)です。
Lhaplusで
テキストファイル処理の確認 とでます。
内容はテキストファイル"themes.zip"の文字コードを変換しますか?
すべていいえを選ぶと
ファイル圧縮の確認と出ます 内容はファイル"themes.zip"はアーカイブファイルではありません。以降のファイルを圧縮しますか?と出ます。すいません "themes.zip"ファイル壊れていませんか? それかダウンロードの失敗でしようか? 御手数をお掛けします。よろしくお願いします。
- by: kuuminn * 2009/06/09 12:35 * URL [ 編集] | UP↑

kuuminnさん

> 交換するファイルが出て来ません?

状況が分かりました。
解凍できないのではなくダウンロードできていないのですね。
レポート中にも書いて有る通りthemes.zipはReport37.zipとは別のアーカイブにして、
当研究所の保管室に置いてあります。
保管室は「お知らせ」の直ぐ上にリンクが有ります。
BVgeUSCM by: アーク * 2009/06/09 06:48 * URL [ 編集] | UP↑

no title

アークさん
早速の返信ありがとう御座います。
普通のzip or rarファイル等みたいに解凍なりません。
レポート37の 
(ここに在るアーカイブをダウンロードして解凍して、
TFの_system_フォルダ内のthemesフォルダとそっくり交換します。)
交換するファイルが出て来ません?(ワードパット及びメモ帳で解凍すると アルファベット及び数字しか出て来ません。なんでだろう??
- by: kuuminn * 2009/06/09 00:32 * URL [ 編集] | UP↑

kuuminnさん

zipファイルの操作はWindowsの標準機能になってますので、
選択して右クリック・メニューから解凍できませんか?
BVgeUSCM by: アーク * 2009/06/08 23:44 * URL [ 編集] | UP↑

themes.zip

こんばんは、自分はR4とDSTTを持っています。
R4とDSTT用のレポートを試して見て いろいろ勉強させて貰っています。
レポートのthemes.zip(保管庫の)が解凍出来ません。( Lhaplusで )
テキストファイル処理の確認 とでます。
どうしたら解凍出来るのでしょうか? 教えてください。
- by: kuuminn * 2009/06/08 23:18 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑