2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 416

M3iUpgradeの永久保存版 その2

夏休み企画の3回目となる今回はM3iUpgradeの永久保存版です。
実はM3iUpgradeの永久保存版はNo350で既に遣っているので今回は再レポートです。
M3iUpgradeは初期の赤箱から派生した私が知る限り最初の赤箱クローンです。
当然ながら赤箱が持っている特徴は殆どそのまま受け継いでいます。
然もM3iUpgradeの公式サイトは既に消滅していて賞味期限も解除されていません。

しかし、M3iUpgradeの賞味期限を解除する方法は分かっているので問題ないです。
前回の赤箱の永久保存版でも使っていますし…。
基本的には赤箱の時と同じような構成になってしまうのは避けられませんが、
M3iUpgradeならではの外部プログラムの登録機能を活かしてみたいと思います。
今回はFairyWingさんのmoonlightと本家TTカーネルおよびSakura Player、
似非Woodの4本を組み込んでみました。

FairyWingさんのmoonlight(月光)はMoonShell2をベースに開発された、
ROM起動が可能なFairyWingさん特製のMoonShell2です。
これをM3iUpgradeのMoonShell2と置き換えました。
Sakura Playerは初期のM3Sakuraを皇帝さんがDLDI化したDLDI版M3Sakuraを、
ROMの起動機能を省いて軽量化したものでM3iUpgradeの公式サイトに有りました。

レポート用

写真の左列はM3iUpgradeの起動画面です。
それぞれのカーネルはこの画面のボタンに割り当てて有ります。
写真中央列はTTカーネルの起動画面です。
写真の右列は似非Woodの起動画面になります。
赤箱では赤を基調色にしたので今回は青を基調色に選んで全体を纏めてみました。
例外としてSakura Playerは世界的なスナイパーのスキンを使用しています。

レポート用

写真の左側はmoonlight(月光)のLoading画面です。
写真の右側はSakura Playerの環境設定画面になります。
No350の時とは追加したカーネルの内容が異なるので好みで選んでください。
尚、素材が入手困難なものも含まれますので今回も現物支給です。
ダウンロードは談話室から書庫案内所経由で成果保管室に足を運んで下さい。

さて、赤箱の永久保存版を中心にレポートした今夏の夏休み企画は、
赤箱カーネルの賞味期限が廃止された事を受けて始めましたが今回で終わりです。
赤箱は特にユーザが多いカードですので今回の夏休み企画でできなかった事や、
要望等有りましたらお聞かせ下さい。
[No. 416] 2015/08/08(土) NDS-永久保存版 comment(1)
コメント

参りました

このレポートは昨日公開する予定でしたが、
別件で手を取られて本日になりました。
バッチやVBS等のスクリプト系が尽くエラーになり、
その原因究明に丸一日掛かってしまいました。

分かってしまえば単純な事でしたが、
いや~ぁ、参りました。
BVgeUSCM by: アーク * 2015/08/08 11:05 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑