2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 417

M3Kauraの日本版カード対応と日本語化

M3Kauraに関しては既にNo.142~No.146でレポートしています。
M3Kauraは突然現れてベータ版のまま僅かな期間で消えて行きました。
M3用としては珍しいHomebrewのカーネルになります。
TouchPod(G002)の永久保存版は既にNo.393でレポートしていますが、
このM3Kauraを使用したものはM3カーネルの集大成版マルチ・ブートです。

過去レポートのNo.142~No.146では一応の完成を見ましたが、
当時は実現できずに積み残した課題がありました。
その一つはKauraの日本語化でもう一つはメニュー登録に関しての問題です。
今回はそれ等の遣り残した事もクリアして完成させたいと思います。

この構成は扱うカーネル数が多いのでどうしても作業量が多くなりがちです。
当時も4回に分けてレポートしましたが今回も数回のレポートを予定しています。
その様な訳でこれを今年の夏休み企画の第二弾としました。
大まかな内容として下記のような工程を経て完成させる予定です。

①Kauraの日本語化と日本版カードへの対応
②Kauraメニューのダイエット版作成
③iTouchDSカーネルをカスタマイズして追加
④R4iRTSカーネルをカスタマイズして追加
⑤TouchPodカーネルをカスタマイズして交換
⑥M3SAKURAカーネルをカスタマイズして交換
⑦各カーネルのKauraへの登録と使用方法

Kauraは多言語版TouchPod用のメニュー兼カーネルです。
但し、ローダは公式の物を流用しているようです。
当初、M3のカードは欧米版とアジア版および日本版に分かれていました。
その後、欧米版とアジア版が統合されて多言語版となったので、
現在は日本版だけが取り残された形になっています。
Kauraも同様で対応していないのは日本版だけという事になります。

今回は手始めにKauraの日本語化と日本版カードへの対応を行います。
Kauraメニューの日本語化はKauraの言語設定に日本語を追加して行います。
言語ファイルはバイナリ・ファイルで内部的にGBKが使用されています。
バイナリ・ファイルをGBKで編集しても良いのですが、
テキスト・ファイルとの相互変換ツールが公開されています。

実はNo.142~No.146の時も日本語ファイルを追加したのですができませんでした。
今回は中国語と入れ替える事で日本語化させる事ができました。
日本版に対応させた事で全てのTouchPod(G002)で使用可能になりましたが、
Kauraのカスタム版Sakura v1.44は特殊仕様なので日本版では起動しません。
この辺りは今後のレポートで解決していく事になります。
完成した時の一例ですが写真のような構成になる予定です。

レポート用

この企画は長丁場になるのを避けられないので、
レポート毎に成果を纏めて途中経過を確認できるようにする予定です。
取り敢えずここまでの成果を成果保管室に置きました。

尚、実際には日本語、英語、中国語以外の需要は殆ど無いと思われるので、
作業量削減の為に次回からの改造ではこれ等3言語以外は除外して行う予定です。
また、当研究所には中華(アジア)版が無いので中華版の動作は未確認です。
[No. 417] 2015/08/16(日) NDS-カーネル変更 comment(1)
コメント

こんばんは

Kauraに関してはいつか遣り直したいと思っていました。
No.142~No.146の時は分からない事だらけでしたので半ば強引に仕上げましたが、
今回はもう少しスマートに仕上げてみたいと思います。
興味が有る方はお付き合いください。
BVgeUSCM by: アーク * 2015/08/16 21:21 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑