2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 419

M3SakuraおよびREALカーネルの交換

夏休企画第二弾の3回目は始めに改造したKauraの更なる改造から始めます。
日本版のカード以外は前回で一応マルチ・ブートが完成しましたが、
日本版ではM3Sakuraカーネルが起動しないので何等かの対応が必要になります。
実際のところ今回のテーマの最大の難関はM3Sakuraカーネルです。

当初、M3Sakuraカーネルは普通に単体で存在しましたが、
途中からREALカーネルと複合化されて単体の物は無くなりました。
しかし、REALカーネルの方は別に単体バージョンが存在するので、
M3Sakuraに関してはハッキング対策では無かろうかと思われます。
その為、2つのカーネルを完全に分離する事ができない限り、
今回の様な用途に利用したくてもできません。

ネットを探せばM3のマルチ・ブートに関連したネタは幾つもヒットしますが、
日本版カードに対応したものは見掛けた事が有りません。
やはり未だ何方も完全分離に成功されていないのでしょうか。
そこで今回は複合化される前のM3Sakuraに交換する事にしました。
このM3Sakura_v1.12+aは皇帝さんのDLDI版M3Sakuraの基になったものです。

REALカーネルの方は比較的に簡単に交換する事が可能です。
注意しなければならないのは他のカーネルとの干渉です。
M3REALとM3Sakura、M3Kauraのシステム・フォルダは何れもSYSTEMです。
また、ブート・ファイルも何れもg6dsload.xxなので、
単純に追加コピーすると上書きされてしまいます。

REALとSAKURAカーネルは不必要なファイルを削除してミニマム化します。
また、3つのカーネルを完全に分離する為にREALの方はSYSTEMからM3REALに、
SAKURAの方もSYSTEMからSAKURAにシステム・フォルダ名を変更します。
そしてKauraが内包しているREALとSAKURAカーネルを一旦削ぎ落としてから、
改めてそれ等のカーネルを追加して行きます。
この変更でシステムが機能しなくなるので幾つかのファイルをパッチします。
更にKauraへ登録する為のファイルを作成してKauraのSYSTEMフォルダに追加します。

レポート用

写真の左列は交換したM3Sakuraカーネルの起動時画面です。
また、右列は交換したM3REALカーネルの起動時画面になります。
どちらもスキンを交換しています。
Kauraのスキンも交換したかったのですができませんでした。
新しくスキンを作成して追加すると選択するところまではできるのですが、
そこでエラーになってしまいます。
既存のスキン・フォルダ内の画像を交換しても反映されません。
実際はカーネル内に埋め込まれているのかも知れません。

さて、今回で日本語版カード用の改造カーネルも準備できたので、
前回のR4iRTSとiTouchDSカーネルを加えれば日本語版カードも完成です。
Kauraに詳しいならばセットアップを完了させて下さい。
次回は多言語版と日本語版の両方のセットアップ方法を予定しています。
使い方に応じた幾つかの方法を提案したいと思います。
[No. 419] 2015/08/30(日) NDS-カーネル変更 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑