2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 420

統合版M3カーネルのセットアップ

夏休企画の第2弾として連載中のM3カーネルの集大成版マルチ・ブートは、
既にレポート417~419で基本的な改造が終わっています。
今回はそれ等のセットアップと簡単な使用方法等を纏めました。

レポート用

《 基本的なセットアップ 》
多言語版はレポート417とレポート418の成果ファイルをTFにコピーして、
Kauraメニューの上段および下段にR4iRTSとiTouchDSを登録すれば完成です。
空いている上段のボタンを選択するとKauraのファイル選択画面になるので、
R4iRTS.ndsまたはiTouchDS.ndsを選択すれば上段のボタンに登録されます。
下段ボタンへの登録はファイルを選択する直前までは同じですが、
AボタンではなくYボタンで選択します。
これで写真のようなM3のフルカーネル・メニューが完成します。

日本語版の方はレポート419とレポート418の成果ファイルをTFにコピーして、
Kauraメニューの上段と下段のボタンにR4iRTSとiTouchDSを登録すれば完成です。
多言語版および日本語版共にどのカーネルを使用した時でも、
ソフト・リセット時にはKauraメニューに戻ります。

《 その他のセットアップ 》
上記の基本セットアップはKauraメニューから全てのカーネルを起動できるので、
管理人としては一番お薦めなセットアップ形態なのですが、
その分、ゲームの起動までに時間が掛かってしまいます。
それを避けるためにはKaura自体のゲーム起動機能も利用したいところです。

その為に上段または下段のボタンは空けて置きたい時も有るでしょう。
その様な時にはYボタンを使わずにAボタンだけで登録を行います。
この様にするとボタン上は最後に選択したファイルに変更されますが、
履歴が残るので[SELECT]ボタンで呼出し選択する事が可能です。
この事から上段および下段のボタンはお気に入り登録ボタンのようです。

Kaura自体でゲームを起動するもう一つの方法は、
下画面の下部中央にあるDSアイコンを利用する事です。
この方法ならば基本セットアップのままで利用する事ができるのでスマートです。

《 Kauraの設定 》
Kauraには下画面の下部右端に設定ボタンが用意されています。
設定できるのはスキンと起動システムと言語です。
今回はそれら全てを検証して予め設定してあります。

スキンの変更機能は実際には変更できませんでした。
一部の画像はKauraメニュー自体に埋め込まれており、
不用意に変更するとKaura自体が起動しなくなります。

起動システムは実際に選択する事が可能です。
SAKURAまたはREALを選択すると直接それ等が起動するようになります。
Kauraメニューに戻りたい時にはDSの起動時にAボタンを押し続けます。

言語選択は注意が必要です。
日本語を追加する場合に普通にSJISで設定ファイルを作成して、
SJISの日本語フォントを追加しても文字化けしてしまいます。
内部的にGBKで処理されているらしくSJISには対応していません。
日本語であってもGBKで用意する必要が有ります。

《 その他の要望と可能性 》
今回の企画では中段ボタンに関しては設定を変更していませんが、
勿論、ここをSAKURAとREAL以外に交換する事も可能です。
SAKURAとREALの起動ファイルはSYSTEMフォルダ内のSAKUA.xxとTPload.xxです。
これ等を交換する事で登録ファイルの変更が可能です。
但し、ボタン画像の変更はできません。
こちらもプログラム内に直接埋め込まれているようです。

《 不具合の修正 》
レポート418で改造したiTouchDSカーネルはゲームの起動ができません。
新たに正しくパッチしたものを作成したのでこちらに差し替えて下さい。
更にメモリ配置の問題なのか日本語版で使用可能でも多言語版では起動しません。
その為、多言語版用と日本語版用の2種類を作成しました。
また、R4iRTS付属のMoonShell2は日本語では無いので差し替える事をお薦めします。

さて、今回でM3カーネルの集大成版マルチ・ブートは完成です。
No.142~No.146の時には実現できなかった下段ボタンへの登録もでき、
とても豪華な永久保存版TouchPodが完成したので満足です。
既に3DSの時代に移っているのでどれ程の意味が有るのかは疑わしいですが、
元より当研究所は実用性等は度外視していますので良しとしましょう。
尚、成果ファイルはいつものように成果保管室からダウンロードできます。
[No. 420] 2015/09/05(土) NDS-永久保存版 comment(1)
コメント

こんにちは

Kauraを利用したM3カーネルのマルチ・ブートには思い入れが強いです。
No.142~146での遣り残し感も有りますがM3の集大成的なところが好きです。
このテーマはR4iRTSやiTouchDSへのKauraの移植やKaura内包画像の変更、
起動時のボタン押しによるマルチ・ブート等、
まだまだ遣ってみたい事が残っています。
しかし、全く反響が無いテーマを引っ張っても仕方が無いので、
この企画は今回で終わりです。
次のテーマは何にしようかな…。
BVgeUSCM by: アーク * 2015/09/06 13:07 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑