2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしています。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり、談話室の掲示板をご覧下さい。
No. 432

DSTWOのカーネルをDSCoveredに交換

No.427からDSTWO関連のレポートを集中的に掲載しています。
この中で公式カーネルと置き換えるタイプのものとしてBAGplugや、
iMenuと云ったメニューまたはファイラーを紹介しました。
同様のものとしては他にもdskioskやDSCovered等が有ります。

BAGplugやiMenuはDSTWO用に開発されているので普通に使用可能です。
dskioskやDSCoveredはそうではないのでDSTWOで使用するには工夫が必要です。
そもそもdskioskは商業用ゲームのローダを持っていませんし、
DSCoveredにはDSTWO用の商業用ゲームのローダは用意されていません。

また、dskioskはiPhoneの画面構成に似せたUIなので既にiMenuが有ります。
そこで今回はDSCoveredをDSTWO用にセットアップしてみました。
実はDSTWO用にローカライズされたものが過去には存在していたようです。
プラグイン用の初期化ファイルやアイコンは現在も残っていますが、
肝心のDSTWO用にローカライズされたDSCoveredが何処にも見当たりません。
仕方がないので当研究所でローカライズを行ってみました。

今回はプラグインとしてではなくカーネル代替としてのセットアップです。
DSCoveredのUIはそのギミックの面白さだけではなく、
ゲームが識別しやすい実用的なメニュー&ファイラー・システムだと思います。
管理人もお気に入りの一つなのですが事前にデータの構築が必要なのが難点です。
一応、その為のWindows用ユーティリティが付属していますが…。

その仕組みは必要な画像やその他のデータをネットワーク越しに収集して、
TF内のROMデータと照合させて必要なデータを構築するものです。
しかし、残念ながら現在ではデータ・サーバが消滅しているようです。
また、Winows 7 64bit環境ではプログラム自体も正常に機能しなくなりました。
仕方がないので今回は手作業でデータを構築しました。

今回も諸事情によりセットアップ済の現物を用意しました。
また、今回はいつでもセットアップ可能なようにアドインにしました。
DSCoveredがresourceフォルダに配置されている事が前提条件ですが、
レポート388のアドインを導入済なら条件をクリアしています。

尚、DSCoveredは専用のデータが無いと選択画面に何も表示されないので、
取り敢えず手元のテスト・データを添付しています。
全てをTFにセットしたらDSの電源オンで直接DSCoveredが起動します。
また、ソフト・リセット後も公式カーネルでは無くDSCoveredが起動します。
[No. 432] 2016/01/22(金) NDS-カーネル変更 comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑