FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 47

MoonShell2の新ローダを試してみた

MoonShell2のndsローダに関しては既にレポート5・6で紹介済ですが、
新たなローダが現れたので紹介します。
Unneon+Moonshell2+Plugins+02-05-09+engというのがそれですが、
開発者がイタリア人?らしくreadme.txtが読めません。
こちら からダウンロードできます。
一応、ファイル構成はこんな感じです。

レポート47用

特徴的なのはローダが2種類用意されている事です。
一つはnds.ysother.ndsでもう一つはnds.ysr4.ndsです。
私の拙い語学能力で何とか解釈したところnds.ysr4.ndsはR4専用で、
その他のNDS-Adapterに関してはnds.ysother.ndsを使うようです。
R4もDLDIの変更で行けそうな気がしますし既出のローダもそうでした。

レポート47用先ずはDSTTで試してみました。何の問題も無く動作しましたがやはりROMの2バイト対応はされてなく、漢字名のROMは起動できませんでした。


次にR4用の環境にして試してみました。
勿論、nds.ysother.ndsはR4用にDLDIパッチしましたが動きませんでした。
今度はnds.ysother.ndsをnds.ysr4.ndsと入れ換えると動きました。
やはりR4にはR4専用版が必要なようです。

後続のローダなので2バイト・ファイル名への対応とか、
何がしかの優位性を期待したのですがnds.YSloaderForMS2.ndsと変わりません。
既出も含めてどれもROMのローダではなくYSMenuへのランチャなので、
ROMの起動率とかも関係有りません。

日本語ファイル名への対応版は日本製のものが出現するのを待つしかなさそうです。
[No. 47] 2009/06/20(土) NDS-使用所見 track back(0) comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑