FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 48

メイドイン俺を遣ってみた

私は普段はあまりゲームをしません。
主にゲームをする時は何かの待ち時間や旅行の時などです。
それに遣るゲームと言えばかなり偏っていたりします。

当研究所もゲームの攻略に関するような研究はしていません。
…なのですが「ねむたい日々」さんの記事を見てこれを買ってしまいました。

レポート48用

早速、吸い出して遣ってみたら上下共にブラック・アウトで起動すらしません。
噂には聞いていましたがこれ程とは…。
NDS-AdapterはU2DSDSTTiを試しましたがどちらも結果は同じでした。

DSTT系は暫くカーネルが更新されていませんので、
そちらに解決を期待するのは諦めた方が良さそうです。
こうなるとバイナリ・パッチで対応するしか無さそうです。

情報収集したら有るには有ったのですがバイナリ・パッチだけでは無く、
INFOLIB.DATsavlib.datも変更しないと駄目なようです。
かなり手強いプロテクトが掛けられているようですが、
説明通りに2ファイルを交換してROMにパッチを当てるとあっさり起動しました。

一通り内容を確認してから一旦終了して再度起動してみました。
あれ? 保存されていない?? 起動はすれど保存ができない?
…という訳でまたもや情報を収集すると32MBのセーブ・ファイルが必要らしいです。
TFのセーブ・ファイルを確認したところ512KBしかありませんでした。

初期値として全てNOPで埋め尽くされた32MBのファイルが有れば良いらしいです。
それは何とかなるので早速作って入れ換えてやると今度はセーブできていました。
結構面倒です。最近の売れ筋のゲームは皆こんな感じなのでしょうか。

さて、ここで大きな勘違いをしていた事に気が付きました。
5秒で簡単に作れると思っていたのですが5秒のゲームを作るの間違いでした。
昔有った「○○○ツクール」のようなものを想像していましたが、
これ自体がゲーム仕立てになっていて厚めの説明書を読まないと分かりません。
…なので今日は未だ何もできていません。

本当は何か作って公開できると良かったのですが、
使えるようにするまでが面倒でしたので…。
代わりと言っては何ですが32MBのセーブ・ファイルを生成するものを作りました。
今更こんなものに需要が有るのか分かりませんが、
必要な方は こちら からダウンロードして下さい。

また、今回はwinipsに変わるコマンドライン・ツールを見つけましたので、
これを使ってIPSパッチも行ってしまう仕様にしました。
このツールは「ちff」さんが開発した「kamaips」というもので、
こちら からダウンロードできます。
全部揃えるとファイル構成はこうなります。

レポート48用

これならばIPSパッチの遣り方を一々説明しないでも済みますので、
これからは積極的に使わせて頂こうと思っています。
IPSパッチ・ファイルはググって見つけて下さい。
また、IPSパッチをこれまで通りwinipsで遣りたい場合は、
IPSパッチ・ファイルやkamaipsをフォルダに入れなければパッチ処理をスルーします。

尚、紹介した「kamaips」は勿論本物のプログラムですが、
私の作成したツールはインチキ・プログラムです。
それでも一応目的は達成できていますので良しとします。
使い方は添付説明書を読んで下さい。
[No. 48] 2009/06/21(日) NDS-その他 track back(0) comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑