FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
ここでは今となってはレガシーなDSi以前のコンソールに関連したHomebrewの研究をしていました。 初めての方は正面玄関(ホーム)よりお入りになり「館内の歩き方」をご覧下さい。
No. 59

R4iCNを日本語化してみた

R4iCNに関しては既にレポートしていますが、
機能しない箇所が多かったのであまり良い印象ではありませんでした。
今回は最新版のカーネルv1.56を使用しての再検証です。
最新のカーネルでは前回機能しなかったチート・ボタンが使用可能です。

今回も[R]ボタンのソフト・リセット・スイッチは機能しません。
ソフト・リセットの切り替えは設定項目の中に有るので、
下画面の右上に有る赤いボタン・アイコンは飾りなのかも知れません。

このNDS-Adapterはこれで漸くスタート・ラインに着いた感じです。
重大なバグを残したままのカーネルで市場に投入してしまったので、
良い評価が出る筈も無く本当の評価は今後の更新の内容次第でしょうか。

ところでR4iCN自体はマルチ・ランゲージ対応なのですが、
日本語の設定ファイルが用意されていないようです。
仕方が無いので作ってみました。

レポート59用

表示されているショート・カット・キーは勿論機能します。

また、ファイルの読み書きの際に出るダイアログが薄いグレーで、
白い文字が読みにくかったのでダイアログの背景画像も新しくしました。

必要な方は こちら に有ります。今回は鍵は掛かっていません。(^^
ダウンロードして解凍したら指定の場所にコピーします。
 
【 Column 14 】 R4i Proの怪の謎解明
レポート41のR4iSDHCの時には公式サイトのURLを読み間違えて、
R4iSDHC(r4-pro.com)を開く筈がR4iPRO(r4ipro.com)を開いてしまい、
混乱してしまいましたが収穫も有りました。

それがこのR4iPRO(r4ipro.com)、通称「赤牛(あかべこ)」です。
漸くこの念願の赤牛を手に入れる事ができました。

コラム14用

これ自体はR4iSDHC(r4-pro.com)と同様でR4Uiのクローンです。

ハードはR4Uiとは別物のようですがR4Uiのカーネルもそのままで動きます。
…なのでオリジナルより安くなければ存在意義は無いのですが、
この赤牛は他とデザインが異なるのでコレクションとして欲しかったのです。
それに比べR4iSDHCは私にとっては何の意味も有りません。(-_-)
[No. 59] 2009/07/15(水) NDS-日本語化 track back(0) comment(0)

コメントの投稿
質問の前にこちらをお読み下さい。→質問時のご注意














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑